最新!  新たに飼料添加物に認められたバチルス・サブチルスJA−ZA株 (新製品-2017.04.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年04月29日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


日本採卵養鶏産業研究会を発足 5月16、17日に研究会

2002.04.05発行
 (株)PPQC研究所(加藤宏光社長―本社・福島県二本松市岳温泉大和125―7)は、福島レイヤー会(渡辺啓二会長)と日本ポートリークラブ(略称・JPC、増田健次会長)の協賛を得て、このほど日本採卵養鶏産業研究会を発足し、第1回の研究会を5月16、17の両日、福島県二本松市岳温泉「陽日の郷あずま館」コンベンションホールで開催する。
 日本採卵養鶏産業研究会は、専門分野に携わる研究者と、生産現場との協調が必ずしも十分とは言えないことから、このような環境を少しでも改善ができれば、との考えで同社が設立するもので、第1回研究会の概要は次の通り。
 【日時】5月16、17日、午前10時から午後4時30分
 【場所】福島県二本松市岳温泉「陽日の郷あずま館」コンベンションホール
 【内容】16日(鶏インフルエンザシンポジウム)午前=米国USDA米国南部鶏病研究所所長デビッド・スウェイン博士「研究サイドから見た鶏インフルエンザの現状、米国の補償システムの成り立ちと現況」、午後=メリアル(株)学術部門エンリケ・モンティエル氏「現場から見た各国の鶏インフルエンザ実情」
 17日(生産現場からの話題提供)午前=(1)各種の採卵養鶏近代化システムの管理比較(2)分析数値から見た市販飼料の比較、午後=(1)採卵養鶏における大腸菌症の実態と被害(2)SE抑制後のサルモネラの動態(3)採卵養鶏農場におけるTRT抗体の推移(4)野外における鶏ロイコチトゾーン病ワクチンの評価
 座長として、大槻公一教授(鳥取大獣医微生物教室)、品川汎洋教授(岩手大獣医公衆衛生学教室)、ほかに生産サイドの方々を予定。
 【参加費】1人1万2千円(講演要旨代金、16日講演後の立食パーティー費を含む)、講演要旨は4月14〜17日にジョージア州で開催の国際AIシンポジウムの概要を含める予定(宿泊費別。希望者は事務局に問い合わせるとよい)。
 【事務局および担当】(株)PPQC研究所(担当=菅野氏)、電0243・24・2523、F0243・24・2657



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。