最新!  中嶋、佐々木、橋本氏に勲章(ニュース-2017.11.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年11月23日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


波卵問題解消した直段集卵機

2002.03.15発行
 東洋システム(株)(安田勝彦社長―本社・岐阜県各務原市金属団地97―4)は、直立ケージ集卵機で避けられなかった破卵問題の解消を目指し、約3年前からドイツ・サルメット社と新機構による集卵機の開発に取り組んできたが、2月にデモ機によるフィールドテストを完了したことから、本年6月から納入を開始すると発表した。
 直立ケージ集卵機は、例えば6段集卵機の場合、6段の集卵ベルトから上下関係で同じ位置に卵が出てくるため、これらの卵のぶつかりをコントロールしなければならないむつかしさがあったが、新集卵機(エスカレータ)ではコントロール機構に動きが少なく、シンプルで、しかも卵にやさしいトランスファーコンベアを開発した。
 フィールドテストは、強換後690日齢のジュリア鶏が収容されている鶏舎で行なわれていたが、集卵機による破卵はゼロに近く、同社では現仕様集卵機対比全週齢平均で約2%の改善効果があるとみている。
 新エスカレータは、軟卵除去率もほぼ100%になり(従来は約90%)、乗り移りタイミング調整のメンテナンスも単純で、やりやすくできるように改善されている。さらに時間当たり集卵能力も50%アップし、多様な集卵パターンにより対応しやすくなっているとしている。
 同社ではサルメット社との共同開発、設計を今後も一段と強化して、日本の生産者の厳しい要求に応えていきたいとしている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。