最新!  第3期鶏卵生産者経営安定対策事業の説明会開催 日本養鶏協会(ニュース-2017.04.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年04月24日(月) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


アメリカ家禽鶏卵輸出協会が9月末で日本事務所を閉鎖

2001.10.05発行
 アメリカ家禽鶏卵輸出協会(名木祐士駐日代表、略称・USAPEEC)は、37年間にわたって米国産家禽鶏卵製品の対日向け市場開拓と広報活動を展開してきた日本事務所を9月30日で閉鎖した。
 1964年に開設された同協会の日本事務所は、各種市場調査、フードショー、インストアプロモーション、フードサービスタイアップ、クッキングや販促セミナーの開催、POPの制作、広告の出稿など、多彩な業界支援、消費者啓蒙を継続的に展開して市場拡大に努めた。
 名木代表は、9月27日に東京・溜池のATO会議室で記者会見し、「米国産家禽鶏卵製品の品質や安全性の高さの周知徹底、知名度のアップのための広報活動など、所期の目的をほぼ達成したこともあって日本事務所を閉鎖することになった。10月からは新たな体制になるが、引き続き米国産の家禽鶏卵製品をご愛顧願いたい」などと語った。
 同協会は今後、新しい組織のもとで従来通りの輸出拡大のためのトレード対策、プロモーション活動を継承していくことにしており、新体制については決まりしだい発表するとのこと。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。