最新!  家畜糞尿の臭気対策『デオマジックZ』 日本全薬工業が10月2日に新発売(新製品-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年10月20日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


7〜9月配飼価格全農据え置き、商系トン300円値下げ

2001.07.05発行
 全農は、7〜9月期の配合飼料価格を、4〜6月の価格に据え置くことを決めた。引き続き配飼安定基金の補てんを行なうが、7〜9月の飼料基金の補てんはトン当たり1,000円で、四〜6月の1,200円に比べて200円の減額となるため、実質200円の値上げ。一方、商系各社はトン当たり約300円の値下げに踏み切る。飼料基金からの補てんは全農と同じ1,000円。商系基金の4〜6月の補てんは1,800円であったため、300円値下げしても500円の値上げとなるが、実質的な生産者負担(末端価格)は地域・蓄種、経営体質によっても違うが、全農とほぼ同じになるのではないかとみられる。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。