最新!  新表示基準、8月末にも施行 加工食品の原料原産地表示 完全施行は2022年4月(トップ記事-2017.08.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年08月23日(水) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


卵殻カルシウムがヒトの骨量を増加 キユーピーとハノイ国立栄養研の研究

2017.06.05発行
 キユーピー梶i本社・東京都渋谷区)は、ベトナムのハノイ国立栄養研究所との共同研究で、卵殻カルシウムがヒトの骨量を増加させることを確認した。研究結果は4月28日に発行の「Journal of Nutritional Science and Vitaminoligy」(日本ビタミン学会、日本栄養・食糧学会による共同編集の英文論文集)に掲載されている。
 卵殻カルシウムがヒトの骨に与える影響を長期的に検証した研究がなかったことや、各国で高齢化による骨粗しょう症の増加が問題になり、ベトナムでも高齢化が進行しているため、今回の研究では、ベトナム人女性45人(平均年齢約60歳)を、卵殻カルシウム(卵殻由来の炭酸カルシウム)サプリメント摂取、炭酸カルシウム(石灰石由来の炭酸カルシウム)サプリメント摂取、摂取なしの3グループに分けて、12か月間にわたり試験を実施。
 摂取開始から12か月目の骨量を測定したところ、卵殻カルシウムサプリメント摂取グループは、他の2グループと比べて有意に骨量が増加していた。
 研究結果について同社は「卵殻カルシウムが骨の健康に寄与できるカルシウム素材として期待できることを示している」とコメントしている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。