最新!  ぐるなび総研「今年の一皿」に『鶏むね肉料理』 特性と機能性、新しい食スタイルで注目(トップ記事-2017.12.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年12月17日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


平成28年のひな輸入は英国、米国、カナダから

2017.02.05発行
 農林水産省動物検疫所は、このほど平成28年の初生ひなの輸入統計(速報値)をまとめた。
 卵用鶏と肉用鶏を合わせた28年の初生ひな輸入羽数は、前年に比べ16.1%増加し、56万5688羽となった。
 卵用原種鶏の輸入はカナダ、アメリカの2か国から115.1%増の1万9125羽。
 卵用種鶏の輸入はカナダ、アメリカの2か国から2.4%増の10万5899羽。卵用コマーシャル鶏の輸入はなかった。
 肉用原種鶏の輸入はイギリス、アメリカの2か国から9.9%減の19万1198羽。
 肉用種鶏の輸入はイギリス、アメリカの2か国から60.3%増の24万9466羽。肉用コマーシャル鶏の輸入はなかった。
 国別では、イギリスは117.3%増の31万8538羽(肉用原種鶏18万9783羽、肉用種鶏12万8755羽)。
 カナダは113.1%増の7万8834羽(卵用原種鶏8994羽、卵用種鶏6万9840羽)。
 アメリカは107.4%増の16万8316羽(卵用原種鶏1万131羽、卵用種鶏3万6059羽、肉用原種鶏1415羽、肉用種鶏12万711羽)。
 輸入初生ひなの28年の検疫件数は85件で、前年に比べ6件増加した。検疫解放率は、卵用鶏は94.2%(入検13万2684羽、解放12万5024羽)、肉用鶏は96.3%(入検45万7457羽、解放44万664羽)であった。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。