最新!  岩手県の食材使い復興地支援を支援 ローソンがオヤマやアマタケと協力(ニュース-2017.03.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月24日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


たまごCOCCO by JA全農たまご 下落合駅前にスイーツ直営店

2016.09.15発行
 JA全農たまご梶i福田雅之社長―本社・東京都新宿区中落合2−7−1)は8月25日、本社最寄り駅の西武新宿線下落合駅の北口に、同社のナショナルブランド(NB)卵『しんたまご』などを使ったスイーツの製造・販売店『たまごCOCCO by JA全農たまご』をオープンした。
 プリンやロールケーキなど、店内で愛情こめて作った定番のたまごスイーツ≠ノ加え、人気パティシエの山本光二氏(パティスリープラネッツ、オーナーシェフ)が監修したクレームブリュレ『大人の濃厚ブリュレ』を販売。注文後にキャラメリゼ(表面をあぶってカラメル化する作業)をするため、香ばしさとパリッとした食感が楽しめる。
 販売商品は、『大人の濃厚ブリュレ』(税込み1個360円)のほか、『しんたまぷりん』(260円)や『しんたまロール』『たまごマドレーヌ』『しんたまネージュ(ブールドネージュ3粒入)』など。店舗は大人気で、特にオープン期間は多くの地元の消費者が来店し、焼き菓子、生菓子とも製造が間に合わず閉店時間を早めざるを得ないほどの盛況だった。
 同社では、「スイーツを通して『おいしさ』と『しあわせ』をお客さまにお届けするため、プロの目からも自信を持ってお勧めできるしんたまご≠ネどをたっぷり使ったスイーツを製造・販売していく」とし、店舗スタッフは「自慢のたまごをたっぷり使ったスイーツで、みなさんにほっこり幸せな気持ちを感じてほしいと願って作ります」と話している。
 営業時間は午前11時から午後8時まで(売り切れ次第終了)。不定休のため、休業日などは公式フェイスブックページ(https://www.facebook.com/tamago.cocco/)で紹介している。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。