最新!  鶏肉に『加熱用』表示求める カンピロバクター食中毒対策で 厚労省と消費者庁(トップ記事-2017.04.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年04月28日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


レイヤーひな需給 不足気味で推移

2016.07.25発行
 全国のレイヤー孵卵場24場から集計した平成28年(1〜12月)の種鶏導入計画羽数は107万7477羽で、前年実績(102万9982羽)比4.6%増。28年度(28年4月〜29年3月)では111万4720羽で、前年度実績(104万4873羽)比6.7%増と、かなりの程度増加する計画になっている。
 種鶏導入羽数が増加するのは、2年近く続いた高卵価で、ひなえ付けが増加傾向にあることを反映しているとみられる。
 地域別では、東日本(北海道から関東甲信越)は年次で7.7%増、年度で11.1%増。中部は年次で10.0%増、年度で10.0%減。中四国・九州は年次で12.1%減、年度で11.4%減となっている。
 導入調査の全国推計のカバー率(年次ベースで91.5%、年度ベースで90.3%)を基に推計した全国の種鶏導入羽数は、28年が118万羽で前年(112万6000羽)に比べ4.8%増、28年度では121万1000羽で前年度(115万7000羽)に比べ4.7%増が見込まれている。
 卵殻色別の種鶏導入計画は、白色卵系は年次で8.0%増、年度で4.9%減。褐色卵系は年次で前年と同じ、年度で13.1%増。ピンク卵系は年次で4.8%減、年度で0.7%減の見込み。
 全体の構成割合は、28年の年次で白色卵系65.1%、褐色卵系26.7%、ピンク卵系8.3%。28年度で白色卵系63.4%、褐色卵系28.8%、ピンク卵系7.7%となり、白色卵系が年次、年度ともやや増加している。
 種鶏の育成率97%、種鶏供用期間308日(44週まで)、種卵の採種率92.8%、種鶏1羽当たりひな生産100.34羽、同年間平均生産羽数118.9羽を基に試算した28年の素ひなふ化羽数は1億657万羽、うち素ひなの出荷羽数は9911万羽で前年比2.0%増。28年度の素ひなふ化羽数は1億720万羽、うち素ひなの出荷羽数は9969万羽で前年度比1.7%増の見込み。
 コマーシャル素ひなのえ付け羽数を前年並みと仮定すると、28年は不足する月が多かったことから年間では554万羽の不足が見込まれるが、28年度ではやや改善され、496万羽の不足になると見込まれる。
 調査協力孵卵場は次の通り(各社の地域は同協会の区分けに準じたもの)。
 北海道・東北=小岩井農牧鰹ャ岩井農場、糾竭コポートリー北海道事業所
 関東甲信越=千葉孵化場梶A鰹ャ松種鶏場、鰍h・ひよこ、糾竭コポートリー、潟gマル、神奈川県経済農業協同組合連合会、丸天農園養鶏孵化場、潟Jントウ、イセファーム梶i茨城)
 中部=とりっこ倶楽部ホシノ=A日本レイヤー梶A椛蜚ィシェーバー孵化場、褐纉。孵卵場、且O重ヒヨコ
 四国・九州=巨V延孵化場、椛コ田孵化場、マルイファーム梶A(資)琉球孵卵場、滑′エ種鶏孵化場、樺リ井種鶏孵化場、アミューズ梶A褐纉。孵卵場九州営業所



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。