最新!  ぐるなび総研「今年の一皿」に『鶏むね肉料理』 特性と機能性、新しい食スタイルで注目(トップ記事-2017.12.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年12月17日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


採卵鶏とブロイラーの経営体数 5年前に比べ約15%減少 飼養羽数と出荷羽数は増加 2015年農林業センサス

2016.04.25発行
 農林水産省は、このほど2015(平成27)年2月1日現在で実施した農林業センサス結果の概要(確定値)を公表した。販売目的の家畜を飼養している経営体数と飼養頭羽数のうち、採卵鶏(種鶏や愛玩用の東天紅、尾長鶏、ちゃぼを除く)を150羽以上飼養する経営体は4181軒で、5年前の2010(平成22)年に比べ733件(14.9%)減少したが、飼養羽数は1億5423万1600羽で、同471万7800羽(3.2%)増加した。
 県別では、経営体数は北海道と奈良県、宮崎県、鳥取県、新潟県で増加し、三重県、佐賀県、沖縄県は変化がなく、その他の都府県は減少した。飼養羽数は22県で増加し、25県で減少した。
 100万羽以上増加した県は@新潟県A愛知県B北海道C千葉県D広島県E群馬県。反対に100万羽以上減少した県は@富山県A岐阜県B岡山県C秋田県D栃木県。
 ブロイラーを年間1000羽以上出荷する経営体は1808件で、5年前に比べ334件(15.6%)減少したが、出荷羽数は6億852万6000羽で、同5041万4700羽(9.0%)増加した。
 出荷羽数は24県で増加し、20県で減少、3県が実績なしであった。
 5年前に比べ年間出荷羽数が500万羽以上増加した県は@熊本県A鹿児島県B北海道C東京都D宮城県E山口県F岡山県。反対に500万羽以上減少した県は@福岡県A徳島県。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。