最新!  韓国の養鶏産業と処理場(特集-2016.08.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月25日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


平成28年産飼料用米の需要量 飼料会社と畜産農家合計で約145万トン

2016.01.25発行
 農林水産省は1月8日に公表した米に関するマンスリーレポートで、平成28年産の飼料用米の需要量は、全農グループ飼料会社が年間81万7000トン(MA米・備蓄米を含む)、(協)日本飼料工業会組合員工場が年間60万8000トン(MA米・備蓄米を含まず)、畜産農家の新規需要量が103件、2万6000トンの計145万1000トンになるとした。
 平成27年産の飼料用米の作付面積は前年比2.35倍の7万9766ヘクタール、生産量は2.36倍の42万1077トンで、過去最高となったが、需要量は、全農グループ飼料会社が年間60万トン、日本飼料工業会の組合員工場が輸入トウモロコシ価格以下であることを前提に同63万4000トン、畜産農家の需要量が約5万トンの計128万トンとしていた。飼料用米の需要量に供給量が追いつかない状態が続いており、一層の増産が期待されている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。