最新!  底堅い鶏卵、鶏肉相場 鍋物需要などへの期待も(トップ記事-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年10月21日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


11人の年間平均は211円 変動要因の多い今年の卵価を占う

2016.01.05発行
 平成27年の鶏卵相場(東京・M加重)は、配合飼料価格の高止まりや物流諸経費の上昇によりコストはアップしたものの、国内需要が堅調に推移し、米国で発生した鳥インフルエンザ(AI)の影響で輸入卵が減少したため、予想以上に需給が引き締まり、4〜11月は前年を上回り、年間では前年を約6円上回る228円となった。28年は、1月から配合飼料価格の値下げがあるものの、生産コストは依然として高水準で、ひなえ付けの増加による生産増や輸入卵の動向なども心配されている。国内でAIの発生がないとの前提で、鶏卵業界の有識者11人に28年の卵価を占っていただいた(11人の年間平均は211円)。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。