最新!  石野産業が『半熟ゆで卵製造装置』開発 高温蒸気で卵を加熱(新製品-2017.03.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月29日(水) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


10年以内にケージフリー卵へ移行 米国とカナダのマクドナルドが発表

2015.10.05発行
 米国とカナダのマクドナルドは9月9日、両国の約1万5400店舗で提供する「エッグマックマフィン」や近年発売した卵白を挟んだマフィン「エッグホワイトディライト」など卵を使ったすべてのメニューの原料卵について、10年以内にケージフリー卵に移行すると発表した。
 米国マクドナルド(約1万4000店舗)は現在、年間20億個(約12万トン)、カナダのマクドナルド(約1400店舗)は同1億2000万個(約7200トン)の卵を朝食メニューに使用。米国マクドナルドでは、ケージフリー卵についても2011年以降は毎年1300万個(780トン)購入しているとしている。
 米国マクドナルドのマイク・アンドレス社長は「お客様は、自分たちの食べ物と、それらがどこから来ているかについて、ますます関心を持ちつつある。今回の決断は、我々が重視している品質と、顧客の期待に応える、そして上回る品揃えを強化するものだ」と述べている。
 同社は2000年に、採卵鶏の飼養方法について独自の基準を策定。2010年にはAEB(アメリカン・エッグ・ボード)などが設立に関わった研究機関「持続可能な鶏卵生産連合」(CSES=Coalition for Sustainable Egg Supply)と共同で採卵鶏の福祉などについて研究を進めたとしている。
 同社はニュースリリースの中で、取り組みの一例としてミシガン州のハーブラックス・ポートリー・ランチ(昨年の米国採卵企業ランキング14位、総飼養羽数660万羽)を取り上げ、同社上席副社長のグレッグ・ハーブラック氏の「マクドナルドの対応を歓迎しており、取り組みに参加できることを嬉しく思っている。我々の鶏がより良い世話を受けられるよう、新たな技術や戦略の積極的な導入を続けていく」とのコメントを紹介している。
 マクドナルドは欧州で2010年、ニュージーランドで2016年末、オーストラリアで2017年末までに、使用する卵を全量フリーレンジ(放し飼い)卵に移行すると発表している。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。