最新!  ハイテムが性能アップした新トンネル換気『Pプラス』開発 冬期3ゾーンコントロールに静圧制御をシステム化(新製品-2017.05.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年06月29日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


盛況の国際養鶏養豚総合展 延べ2万3000人が来場

2015.06.25発行
 「国際養鶏養豚総合展(IPPS JAPAN 2015)」が6月10日から12日まで、名古屋市港区のポートメッセなごやで開かれ、全国の畜産関係者や地域の消費者ら前回の2万1000人を上回る延べ2万3000人が来場してにぎわった。
 開会式で同展運営協議会の村田良樹会長(東西産業貿易渇長)は「今回は国内外の機械設備、システム、商品の展示に加え、鶏卵・鶏肉・豚肉の消費拡大を持て区的としたフードコーナーを充実させた。『良品発見』をメーンテーマに、多くの皆さんに満足していただければ幸いである」とあいさつ。
 展示会場では畜産関連企業177社が、最新の養鶏・養豚機器や技術を紹介したほか、業界の有識者による特別講演会や各企業によるプレゼンテーションが催され、多数の関係者が聴講。フードコーナーでは、鶏卵や鶏肉、豚肉の生産・流通企業が人気のスイーツや畜産加工品、総菜、弁当などを販売し、多くの来場者が舌鼓を打った。
 2日目には“創作たまご料理日本一”を決める「たまごニコニコ料理甲子園」の決勝大会を会場内で実施。
 愛知県内の小学生が展示会場をめぐる「養鶏養豚食育企画」も実施し、畜産関係者が子どもたちに畜産現場の知識や技術を伝える姿がみられた。
 同展は今回が7回目。次回は3年後の2018年の予定。
 【延べ2万3000人が来場してにぎわった国際養鶏養豚総合展2015】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。