最新!  「畜産クラスター」でオフラインGP新設 ホソヤ家禽研究所(特集-2017.04.06)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年06月29日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


アキレスが『トリトンボードP』を新発売 耐腐食と耐高圧洗浄の性能を両立

2015.04.25発行
 アキレス梶i伊藤守社長―本社・東京都新宿区北新宿2−21−1)は、さびが発生せず、高圧洗浄にも耐えられる畜舎専用の断熱ボード『トリトンボードP』を4月16日に全国で新発売した。
 畜舎では、生産性の向上に重要な温熱環境を改善するため、壁や天井、屋根に断熱材が使われているが、衛生管理の観点から定期的に高圧洗浄を行なうため、畜産用断熱材にはこれに耐えられる表面性能を持つ金属ウレタン複合パネルが多用されている。
 しかし、畜舎ではアンモニアによる金属面の腐食が問題となっており、畜産現場からは表面材に金属を使用しない断熱材が求められていたが、耐腐食と耐高圧洗浄の性能を兼ね備えた製品が少なかった。
 アキレスが今回発売した『トリトンボードP』は、硬質ウレタンフォームの表面材の両面に、補強層付きPETフィルム面材を採用することで、金属を使わず構成材料のすべてを樹脂製とし、耐腐食と耐高圧洗浄の性能を両立させた。さらに樹脂製で軽量になったことで扱いやすく、長尺で使用しても施工性にも優れており、性能と施工性の双方で天井断熱に適した畜舎専用の断熱ボードとなっている。
 サイズは、@厚さ30ミリメートル×幅910ミリメートルA厚さ40ミリメートル×幅850ミリメートルB厚さ50ミリメートル×幅850ミリメートル――で、長さは1800〜6000ミリメートル。
 アキレスでは、初年度の売上目標は1億5000万円としている。
 問い合わせは同社断熱資材販売部販売一課(電03・5338・9544)へ。
 【断熱ボード『トリトンボードP』。両面に補強層付きPETフィルム面材を採用】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。