最新!  「畜産クラスター」でオフラインGP新設 ホソヤ家禽研究所(特集-2017.04.06)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年04月28日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


イタリア・ペルボ割卵機 オボジャパンが販売開始

2015.04.25発行
 潟Iボジャパン(越猪正実社長―東京都世田谷区松原2−42−7、YS第2ビル5階)は、4月からイタリア・ペルボ(Pelbo)社製の割卵機と付帯設備一式の販売代理店契約を結び、国内での販売を開始した。
 ペルボ社製の割卵機は現在、世界中で約300台が稼働し、ユーザーから高い評価を得ているといわれる。
 乾燥卵の輸入販売を専門としているオボジャパンは、EUや米国、インドなどのサプライヤーと長く取引しているが、ペルボ社製の割卵機を取り扱うに当たり、同割卵機を使用しているサプライヤーに聞き取り調査したところ、@頑丈なマシーンでシンプルなメンテナンスA有効歩留まりとクリーンな卵白Bアフターサービスの充実Cパーツの迅速な供給とリーズナブルな価格D顧客の多様なニーズへの対応――などの点で高く評価されていることから、「日本の液卵マーケットに紹介しても十分期待に応えられる」と判断し、ペルボ社との販売代理店契約を結んだもの。
 ペルボ社製の割卵機は、毎時5万4000個〜18万個の高速割卵機と、スパーホールエッグ(未殺菌液卵)用の小型割卵機の提供が可能で、このほかに日本式洗卵装置、オートローダー、オートウォッシャー、殺菌機などの付帯設備もある。
 オボジャパンでは今後、積極的なマーケティング戦略を展開して販売促進に努めたいとしており、越猪正実社長は「拡大する日本の液卵事業の発展に寄与・貢献できるように鋭意努力していく」としている。
 詳細・問い合わせはオボジャパン(電03・6304・7312、F03・5301・3888、Eメール=sales@ovojapan.co.jp、URL=http://www.ovojapan.co.jp)へ。
 【ペルボ社製の割卵機「SYNCRO400」(処理能力は毎時14万4000個)(上)、頑丈なマシーンでメンテナンスも容易(下)】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。