最新!  ペレタイザー「粒造くん」をタイの8県に納入へ 垣内(新製品-2017.03.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月23日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


2015年の養鶏産業の課題 需給安定でコスト見合い相場を

2015.01.05発行
 昨年1月以降、OIE(国際獣疫事務局)に報告された家きんのH5N8亜型の高病原性または低病原性鳥インフルエンザ(AI)の発生は、韓国(高)、日本(高)、中国(高)、ドイツ(高)、オランダ(高)、英国(高)、イタリア(高)、米国(高と低)などで、特に韓国では、1月以降猛威を振るい、いったんは清浄化したものの、9月以降再び発生が継続している。
 日本では4月に、熊本県のブロイラー農場に侵入したが、迅速な防疫対応により1事例のみで終息した。ただ、冬の渡り鳥の飛来シーズンに入り、韓国での再発に加え、各地の野鳥や、野鳥の糞などからAIウイルスが相次ぎ確認され、いつ、どこで発生するか予断を許さない状況が続く中で、12月16日に宮崎県の肉用種鶏農場で発生が確認された。
 宮崎の事例も、県の迅速な防疫対応によって、現段階では感染の拡大は報告されていないが、依然として、どこで発生してもおかしくない状況が続いている。引き続き警戒を緩めず、鶏舎へのウイルス侵入阻止のために野鳥や野生動物(ネズミなど)対策と、消毒を基本としたバイオセキュリティを一段と徹底し、AIから日本の養鶏産業を守らなければならない。
 昨年は、配合飼料や生産諸資材価格の高止まりで、生産コストが上昇したほか、配送費なども値上がりし、生産・流通とも厳しい試練に直面した。しかし、鶏卵は、年間を通じて加工筋の手当てが入り、業務・外食でも卵メニューの広がりと定着がみられたこと、鶏肉についても、畜産物全体の需給がタイトな中で、他の食肉に比べて割安で、健康にも良いことが認知され、家庭用や業務・外食用とも消費が伸びたことから、相場水準は鶏卵・鶏肉とも高水準を維持し、何とか愁眉を開くことができた。
 今年は、急激な円安の影響で、年明けから配合飼料価格が再び値上がりする。人手不足により人件費や流通諸経費もアップする傾向にあり、経営環境は非常に厳しく、昨年のような需給環境をより長く保つ必要がある。
 そのためには、生産性の向上や合理化、設備の改善を進めながら、需要に見合った計画的な生産に努めるとともに、何よりも消費(需要)の拡大を図ることだ。
 消費者の多くは、『国産』の安全・安心に信頼を置いている。これを絶対的水準にまで高めるとともに、品質、おいしさ、栄養、機能性、健康への良さなどを訴えていくことだ。鶏卵業界が目指す「1日2個」消費の大きな阻害要因となってきた卵のコレステロールへの誤解も、徐々に払しょくされつつあり、鶏肉についても、抗疲労効果に加え、新たに認知機能の改善効果を示す実験結果も出てきた。
 これらを追い風に、今年も鶏卵で予定されている「オムレツの日」「たまごニコニコ料理甲子園」「親子丼の日」「いいたまごの日」、各地の卵イベント、鶏肉では、日本食鳥協会が“あんしんも、おいしさも。”をコンセプトにして作成した国産チキンマークの普及啓発事業、「国産チキンまつり」、各地のイベントに加え、あらゆるメディアやインターネット、口コミなどを通じ、『国産』鶏卵・鶏肉の良さを数多く発信して消費を拡大し、コストに見合う安定した相場を実現させなければならない。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。