最新!  鶏肉に『加熱用』表示求める カンピロバクター食中毒対策で 厚労省と消費者庁(トップ記事-2017.04.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年04月30日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


作付面積、生産量とも増加 26年産の飼料用米

2014.10.25発行
 農林水産省は10月10日、米に関するマンスリーレポートを公表した。この中で、平成26年産の飼料用米の作付面積は3万3881ヘクタールで、25年産の2万1802ヘクタールに比べ1万2079ヘクタール増加した。計画生産量も17万8486トンで、前年度の11万5350トンを6万3136トン上回る見込み。
 飼料用米の作付面積は平成24年産までは順調に拡大し、作付面積3万4525ヘクタール、計画生産量18万3431トンに達したが、25年産は、政府の備蓄用米の買い上げ価格が引き上げられ、飼料用米や米粉用米を作るより有利になったことなどから、飼料用米、米粉用米ともに減少した。26年産の飼料用米は再び増加したものの、ピークの24年産を上回ることができなかった。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。