最新!  鶏舎屋根に太陽光発電を設置 養鶏業界の課題解決に取り組む 加茂川啓明電機が提案(新製品-2017.11.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年11月25日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


世界の穀物生産量予想 トウモロコシ、大豆とも史上最高 配飼価格の値下がりに期待

2014.08.25発行
 米農務省(USDA)の穀物需給見通しによると、世界全体のトウモロコシ生産量は、前年度比0.1%増の9億8539万トン、大豆も7.3%増の3億469万トンの予想で、いずれも史上最高の見通し。米国産のトウモロコシ、大豆の生産量も史上最高が予想される中、シカゴ相場は、トウモロコシは3ドル台半ば、大豆も11ドル前後まで値下がりし、このまま推移すれば、10月以降の配合飼料価格の値下げが確実視されている。

 米農務省が8月12日に公表した世界農産物需給予測月報(WASDE)によると、14/15穀物年度(14年9月〜15年8月)の世界のトウモロコシ生産量は、ブラジルやウクライナなどで減少するものの、米国やEU、中国で増加するとして、前年度比0.1%(102万トン)増の9億8539万トンを予想。消費量は中国や旧ソ連諸国で増加するものの、EUで減少するため、1.8%(1724万トン)増の9億6867万トンになるとし、期末在庫率は1.44ポイント増の19.4%になると見込んでいる。
 米国のトウモロコシについては、作付面積は前年度に比べ380万エーカー減の9160万エーカーだが、1エーカー当たり単収は8.6ブッシェル増の167.4ブッシェル、生産量は1億700万ブッシェル(約272万トン、トウモロコシ1ブッシェル=約25.4キログラム)増で史上最高の140億3200万ブッシェル(約3億5643万トン)の見通し。国内消費量は3000万ブッシェル(76万トン)増の117億1000万ブッシェル(約2億9745万トン)、輸出量は1億9500万ブッシェル(約495万トン)減の17億2500万ブッシェル(約4382万トン)、期末在庫は6億2700万ブッシェル(約1593万トン)増の18億800万ブッシェル(約4593万トン)、期末在庫率は4.8ポイント改善し13.5%の予想。
 1ブッシェル当たり平均農家販売価格は、史上最高の生産予想を反映し、前年度の4.40〜4.50ドルより0.85〜0.25ドル安い3.55〜4.25ドルの予想となっている。
 世界の大豆生産量は、米国、ブラジルでの収穫面積の増加と単収の向上により、史上最高の前年度をさらに7.3%(2074万トン)上回る3億469万トンの見込み。輸出量は0.5%(59万トン)増の1億1332万トン。世界の大豆ミール生産量は808万トン増の1億9778万トン、輸出量は297万トン増の6442万トンと予想している。
 米国の大豆の作付面積は前年度比830万エーカー増の8480万エーカー、単収は2.1ブッシェル増の45.4ブッシェル、生産量は5億2700万ブッシェル(約1434万トン、大豆1ブッシェル=約27.2キログラム)増の38億1600万ブッシェル(約1億385万トン)で、いずれも史上最高の予想値。輸出量を合わせた総消費量は1億7200万ブッシェル(約468万トン)増加し、期末在庫は2億9000万ブッシェル(約789万トン)増の4億3000万ブッシェル(約1170万トン)、期末在庫率は7.9ポイント改善し12.1%となり、農家販売価格は、前年度の13.0ドルより3.65〜1.65ドル安い9.35〜11.35ドルの予想となっている。
 米国産大豆ミールの生産量は前年度比61万トン増の3782万トン、輸出量は9万トン増の1066万トン。トン当たり平均価格は、前年度の約518ドルより約143〜99ドル安い約375〜419ドルを予想している。
 米国のトウモロコシ、大豆の生産量は、前回(7月)予想を上回るもので、シカゴ相場も下落。このまま推移すれば、10月以降の配合飼料価格の値下げが確実視されている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。