最新!  防疫対応のさらなる強化へ 薬剤耐性対策も強化 平成29年度家畜衛生主任者会議(トップ記事-2017.05.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年05月23日(火) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


原種鶏、種鶏とも減少 平成25年の輸入ひな実績

2014.02.15発行
 農林水産省動物検疫所は、このほど平成25年(1〜12月)の輸入ひな統計(速報値)をまとめた。
 卵用鶏と肉用鶏を合わせた25年の輸入羽数は55万6400羽で、前年に比べ27.6%減少した。
 卵用鶏のうち、原種鶏はカナダとアメリカの2か国から2万1728羽で50.4%減少。
 種鶏はフランス、カナダ、アメリカの3か国から17万1260羽で22.6%減少。
 コマーシャル鶏はアメリカ1か国から1876羽で20.3%減少した。
 肉用鶏のうち、原種鶏はイギリス、フランス、アメリカの3か国から17万8927羽で13.8%減少。
 種鶏はイギリス、フランスの2か国から18万2609羽で37.9%減少し、コマーシャル鶏の輸入実績はなかった。
 国別では、イギリスは前年に比べ19.6%減の24万6245羽(肉用原種鶏17万345羽、肉用種鶏7万5900羽)。
 フランスは10.6%減の15万5537羽(卵用種鶏4万7410羽、肉用原種鶏1418羽、肉用種鶏10万6709羽)。
 カナダは10.7%増の9万3217羽(卵用原種鶏1万5羽、卵用種鶏8万3212羽)。
 アメリカは59.5%減の6万1401羽(卵用原種鶏1万1723羽、卵用種鶏4万638羽、肉用原種鶏7164羽)。
 輸入ひなの25年の検疫件数は82件で、前年に比べ23件減少した。検疫解放率は、卵用鶏は97.6%(入検19万9677羽、解放19万4864羽)、肉用鶏は97.2%(入検37万1762羽、解放36万1536羽)であった。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。