最新!  鶏鳴新聞2000号までの養鶏業界の主な動き(特集-2017.07.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年08月22日(火) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


平成25年度の補正予算 配合飼料価格高騰対策に110億円 畜産機械リースや粉卵開発への支援も

2014.01.05発行
 政府は去る12月12日に平成25年度の補正予算案を閣議決定した。農林水産省関係の予算額は総額4310億円で、畜産関係は「配合飼料価格高騰緊急対策」が110億円。うち100億円は異常基金の補てん財源に充当し、10億円は畜産農家への融資の無利子・無保証人化枠拡大に充てる。
 異常基金の補てん財源は民間の飼料メーカーも同額拠出するほか、通常補てんの財源枯渇を考慮し、現行の異常補てんの発動条件である「輸入原料価格が直前1か年の平均と比べ115%を超えた場合」を引き下げ、補てんを発動しやすくする。
 「畜産収益力向上緊急支援リース事業」は70億円で、うち飼料用米の円滑な生産などを推進するため、その利用・保管にかかわる機械などの導入(畜産関係者が飼料保管タンクや自動給餌機、混合機などをリースで導入する場合は3分の1補助)に52億円、その他畜産振興(養鶏を含む)に必要な機械等のリース支援に18億円。
 「国産畜産物の加工原料緊急確保事業」は5億円。国産鶏卵を活用し、輸入粉卵に対抗する魅力ある粉卵などを開発する技術開発や、機械・設備の整備に2分の1を補助するとともに、販路の開拓・拡大を支援する。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。