最新!  国際養鶏養豚総合展 来年5月30日〜6月1日に名古屋で(ニュース-2017.07.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年07月24日(月) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


鶏卵相場、10月は220円台で保合い ようやくコスト見合いに

2013.10.25発行
 コスト割れ相場(M加重)が長く続いた鶏卵は、9月末に東京、福岡で220円、大阪、名古屋で225円まで上昇し、10月に入っても保合いを続けている。今後についても、需給は引き締まり気味で推移するため、11月の中だるみは避けられるのではないか、との期待感も出ている。

 鶏卵相場(M加重)は、成鶏更新・空舎延長事業の実施による稼働羽数の減少や、猛暑による鶏の熱死、産卵率、卵重の低下から鶏卵の出回り量が減少した反面、需要面では、学校給食の再開、大手外食の定番月見メニュー、連休に向けた特売、加工筋の手当てなどから、9月末になってようやくコスト見合いの220円台に回復した。
 ただ、配合飼料価格は今年10月に値下がりしたが、飼料基金からの補てんの減額などで平成20年の高騰時を上回り、全畜種総平均はトン約6万5900円で過去最高値。今年のひなえ付け羽数も、8月まではコスト割れ相場が続いたため、約2%減少している。
 前年同期より約8%多い約500万羽が参加した成鶏更新・空舎延長事業も、徐々にひなが再導入されて出回り量は増えつつあるが、加工筋の原料卵手当てが続いているため、全体の需給はとれている。
 相場は8月に比べキロ約50円上昇したが、10個パックの末端小売価格は農水省調査で約15円高の201円にとどまっている。スーパーの特売要請から、流通段階は相場上昇分を転嫁できていないほか、厚焼き卵などの加工品も値上げできず苦慮しているようだ。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。