最新!  主要産地の出荷計画は1.0%増 平成29年度ブロイラー(ニュース-2017.03.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月31日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


ヨコオがカラーマーク(赤鶏品質保証)策定 銘柄鶏「ふもと赤鶏」ブランド確立へ

2013.10.05発行
 (株)ヨコオ(横尾和浩社長―本社・佐賀県鳥栖市)は9月12日、設立50周年を機に「カラーマーク(赤鶏品質保証)」の策定と、「みつせ鶏」に続く銘柄鶏「ふもと赤鶏」(旧「麓どり」)のブランド確立に取り組むと発表した。
 「カラーマーク(赤鶏品質保証)」は、日本初の自社による銘柄鶏の品質保証制度で、今年で設立50周年を迎えたヨコオが「日本一の銘柄鶏の会社になる」のスローガンのもと、さらに品質と味わいに責任を持つために策定するもの。親鶏が両親ともフランス産赤鶏の鶏を「ヨコオの赤鶏」と定義した。
 カラーマークのデザインは、「よい雛」「よい餌」「よい管理」を表すトライアングルと、両親とも赤鶏であることを示す「赤×赤」をモチーフにしている。
 「ふもと赤鶏」は、赤鶏のおいしさと優位性を広く伝えるために、これまでのブランド名「麓どり」を変更したもの。ブランドマークは、ルーツであるフランスの国旗をモチーフに、「よい雛」「よい餌」「よい管理」を表現する三ツ星を添えている。
 また、赤鶏の認知度向上や品質への理解を促進するために今後1年間、“フレンチの鉄人”として知られる坂井宏行シェフをメッセンジャーに起用する。今年10〜12月に福岡県を中心に「坂井シェフとヨコオの赤鶏」をテーマとしたテレビCMを放映するほか、赤鶏を使った坂井シェフのレシピをリーフレットにし、精肉売り場などに設置する。
 【カラーマークのデザイン(左)と、銘柄鶏「ふもと赤鶏」のロゴ】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。