最新!  ナベルケースパッカー『SMART Cube CP』開発 卵パックを自動で箱詰め(新製品-2017.11.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年11月24日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


鶏肉相場「年内は強気」予想 輸入物への警戒感も 食鳥協理事会

2013.09.25発行
 (一社)日本食鳥協会(芳賀仁会長)は9月11日に理事会を開き、平成25年度の事業の実施状況や、国産鶏肉市場活性化対策事業への取り組み、TPP交渉の経過と対応などについて協議したほか、「国産チキンまつり」などの実施を決めた。また、辞任した川畑満英副会長の後任に、上須田清理事(マルイ食品(株)社長)を選任した。
 国産鶏肉市場活性化対策事業については、これまでの調査と課題抽出を踏まえ、(1)「安全・安心」をシンボル化し、消費者と流通関係者に浸透させる(2)国内市場における国産鶏肉の消費拡大を図る(3)国産鶏肉の消費量5%アップの目標達成を目指す――などの方向性の下で引き続き検討していくことにした。
 鶏肉の需給動向については、各部会から次のように報告された。
 ▽生産加工部会=7〜8月は猛暑の影響で生鳥の体重が乗らず、2.65〜2.7キログラム台となり、農場での管理によって成績にバラツキがみられた。山梨県と九州では猛暑、北海道と東北では気温差により1万羽単位の熱死が発生した。岩手県と山口県では台風や集中豪雨の影響で、処理場や加工場への避難勧告、農場での浸水被害などが報告された。
 夏場は不需要期であるため、5〜10%の減羽を自主的に実施したり、体重減退による供給減で出荷を10%減らしたインテもあったため、鶏肉の需給は締まり、在庫は少く、むね肉の販売も好調。加工品では中国産への不安感から国産へのシフトが進み、国産鶏肉のタイトな需給にも影響していると思われる。
 今年のむね肉相場は堅調に推移し、相場はもも肉、むね肉合計で800円を超えてきたが、加工品は中長期の視点で価格を決めるため、むね肉相場の価格水準では高くてなかなか販売できず、インテの採算は相変わらず厳しい状況が続いている。9月からは天候も順調で、増体は回復しているが、種鶏の脚弱が多く、需要期での種卵不足が懸念される。
 ▽荷受部会=最近になって生鳥の体重もだいぶ回復し、九州では農場によって3キログラム台の鶏も出てきている。むね肉の販売は相変わらず順調だが、もも肉もここに来て冷凍物が動き出している。副産物は手羽元の動きが相変わらず悪く、レバーは夏の需要期が終わったため、産地などで廃棄されるとみられる。
 年内は荷が余ることはないとみられるが、ブラジル産もも肉でキロ300円を切る現物が出てきたり、先物でも10〜15%くらい価格を下げている。このため国産もも肉の価格が上がり、ブラジル産もも肉との価格差が広がると、量販店はブラジル産もも肉を解凍して売り始めるのではないか。そうなると国産も楽観できない。
 東日本よりも西日本、関西地区の方が荷が足りない状況である。クリスマス用の骨付きもも肉は国産にかなりシフトしているため、足りなくなるのではないか。
 ▽小売部会=夏場はあまりの暑さで、生肉の販売は不振であったが、肉にパン粉やバジルを付けた半加工品はかなり伸びた。6〜8月は重量ベース、売り上げベースとも前年に比べて良かったところが多かった。
 気になるのは、ホテルなどから国産もも肉のカット物ではなく、ブラジル産限定でやってほしいという要望が出てきたことである。価格と規格の面で、ブラジル産に切り替えてほしいという要求である。生産の方でも非常に苦労されていると思うが、エンドユーザーにとって魅力ある製品を作っていただきたい。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。