最新!  『とくたま』発売 JA全農たまご(新製品-2017.08.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年08月18日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


たまごニコニコ大作戦(6)山陰、北陸、関東、関西で卵の魅力をPR

2013.09.25発行
「たまごニコニコ大作戦2013〜日本縦断チャリリレー」のイベントが、9月7日に鳥取県の鳥取駅前バードハットイベント広場と、兵庫県の姫路城前の卵かけご飯専門店「たまごや」、石川県の宝達志水町のスーパー「アルビス」高柳店、8日にさいたま市のイトーヨーカドー大宮宮原店ステラタウン、14日に京都市の新風館、15日に東京都の東京スカイツリー「そらマチひろば」で催された。
 鳥取会場では、卵のつかみ取りやタマリエ検定などを実施。鳥取市の竹内功市長も会場を訪れ、県内の鶏卵関係者が一致団結して地域の卵の魅力を訴えた。
 兵庫会場となった「たまごや」は、(株)藤橋商店が4年前にオープンした卵かけご飯専門店。姫路城を訪れた多くの観光客らがタマリエ検定を受検し、旅の思い出と一緒に卵の正しい知識をお土産に持ち帰った。
 石川会場は、『オムライスの郷』として町おこしに取り組んでいる宝達志水町とのコラボで開催。同町には「オムライスを考案した人が宝達志水町出身だった」との逸話があり、さらに同町オリジナルの『やわらぎオムライス』には1人当たり「卵を2個使うことをおすすめしている」とのことで、会場のあちこちで“オムライスでニコニコ”になった方々の姿がみられた。
 埼玉会場では、主催の埼玉県養鶏協会青年部特製の「エッグシェイク」や、青年部員の各農場の卵を使ったオムライスの販売、タマリエ○×クイズ大会、和太鼓の演奏、“自転車保有率日本一”とされる埼玉県の自転車と同県の魅力を発信する女性グループと、ミスユニバース埼玉代表らの「卵と美容、健康」をテーマとしたトークショーなど、盛りだくさんのアトラクションを実施。県のマスコット「コバトン」も登場し、県内の養鶏・鶏卵業界関係者が一丸となって、県産卵の魅力をPRした。
 京都会場は、古都ならではの「京都小町踊り子隊ショー」や、卵を使ったアート「デコレーション卵」の展示、卵立て競争、タマリエ検定、重量当てなどを実施。業界有志の入念な準備と頑張りが実って、若者から家族連れ、お年寄りまでの幅広い来場者で大盛況となった。
 (一社)東京都卵業協会が主催した東京会場は、台風による未明からの強い風のため、午前中から予定していた錦糸町駅前でのイベントは中止となったが、東京スカイツリーのお膝元で準備していた千葉県へのタスキの引き渡し式を午後3時から実施。千葉県のマスコットキャラクター「チーバくん」と、JA全農たまご(株)の「オムレッツくん」が会場に到着すると、子供たちは大喜びで駆け寄り、観光客らが一斉にカメラを構える姿もみられた。イベント運営に参加した東京都と千葉県の有志らは、協賛各社の新鮮な鶏卵と一緒に、卵の正しい知識やレシピを紹介するパンフレットを多数配布しながら、卵の魅力と消費拡大を積極的にPRした。
 タスキは9月下旬現在、関東、中部、関西の各県を巡っている。

打ち上げ会を10月20日に開催

 各都道府県の鶏卵業界有志の協力のもと、順調にゴールに向かっている同イベントの実行委員会では、10月20日午前9時30分から午後3時まで、愛知県豊橋市の公会堂前広場でタスキのゴールイベントと、同日の午後5時から豊橋市のホテルアソシア豊橋で、全イベントの打ち上げ会を予定している。運営事務局(日卵協内)では、打ち上げ会に出席を予定している人は早めに事務局に一方してほしいとしている。連絡は同協会(電03・3297・5553、F03・3297・5554、Eメール=aei05725@nifty.com)へ。

写真左列(1)=鳥取会場では、竹内市長も来場してタマリエ検定を受検。結果は全問正解だったとか
写真左列(2)=鳥取会場のイベントが無事終了し、運営に一致協力した有志一同で笑顔の記念撮影
写真左列(3)= 姫路城前の「たまごや」でタマリエ検定などをにぎやかに実施した兵庫会場
写真左列(4)=姫路城築城400周年を記念して4年前に誕生した「しろまるひめ」(中央)と有志一同で記念撮影
写真左列(5)=兵庫でも有名なお菓子のおじさん!?が出走。関連業界の多彩な人々がイベントを盛り上げている

写真中列(1)=卵を2個使う宝達志水町のオムライスのおいしさに、子どもも大人も思わずニコニコ
写真中列(2)=オムライスで町おこしに取り組む同町と、地域産業を担う鶏卵業界とのコラボも無事成功!
写真中列(3)=人気の買い物スポットで開かれた京都会場。たくさんの家族連れも訪れ、大きなイベントとなった
写真中列(4)= 京都府のゆるキャラ「まゆまろ」も頑張った京都会場の融資全員で、大成功のガッツポーズ
写真中列(5)= 「オムレッツくん」など様々なふれあいを通じて、卵の魅力を伝えた東京会場

写真右列(1)=盛りだくさんのイベントを開いた埼玉会場では、タマリエ○×クイズで大盛況に
写真右列(2)=埼玉県のマスコット「コバトン」やミスユニバース埼玉代表ら、埼玉会場の運営に協力した皆さん
写真右列(3)=後援の農水省を、たまニコ有志一同で表敬訪問。森田食肉鶏卵課長から激励を受け、職員と記念撮影
写真右列(4)=都内各所を巡った東京のリレーチームは、養鶏・鶏卵関連各団体の本部事務所がある馬事畜産会館に
写真右列(5)=タスキは東京から千葉へ。千葉県の融資は東京湾をぐるりと走り抜け、22日には「海ほたる」に!



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。