最新!  「畜産クラスター」でオフラインGP新設 ホソヤ家禽研究所(特集-2017.04.06)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年04月30日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


会田共同養鶏組合の直売所「たまごの駅」竣工 卵と親鶏加工品、新鮮野菜など

2013.07.05発行
 本紙6月5日号既報の通り、(農)会田共同養鶏組合(上村博文組合長理事―長野県松本市会田1566)は、長野県のほぼ中央、安曇野市穂高に建設していた直売所「たまごの駅」(安曇野市穂高柏原4568―1)を5月30日にオープンした。
 同組合は2011年5月に、農水省から6次産業化法「総合化事業計画」の認定を受け、マヨネーズや卵焼き、成鶏肉を利用した味付け肉などの新商品を開発。「たまごの駅」では、これらの加工品や平飼い有機自然卵などを販売し、養鶏の6次産業化を通じて、経営体質のさらなる強化を図る。
 5月30日の竣工式では、同組合の中島学会長が、6次産業化法に基づく県内初の直売所「たまごの駅」が完成した経緯を説明し、協力した地元関係者や建設業者に感謝の言葉を述べた。来賓として出席した宮澤宗弘安曇野市長も、会田共同養鶏組合が50年にわたり安全・安心なたまごの生産と供給に努力したことに敬意を表し、「直売所が地元産の新鮮な農産物を消費者に提供し、地域活性化にも貢献してくれることを歓迎したい」とエールを送った。
 「たまごの駅」の敷地面積は約2000平方メートルで、店舗の広さは約5分の1の420平方メートル。店内には「おうはん卵」「平飼い卵」「コメ卵」「さくら卵」と多種多様な卵のほか、鶏卵・鶏肉の加工品や総菜各種、地元農家の新鮮野菜など30〜40種の製品が並び、「卵かけご飯」のコーナーもあるが、全国津々浦々にある直売所とひと色違うのは、採卵を卒業した親鶏、いわゆる廃鶏利用の製品づくりと販売に力を注いでいるところだ。
 店内の約半分では厚焼き玉子や味付き鶏卵・鶏肉などの加工品を製造し、その作業はガラス越しで丸見えになるようになっており、「何でも見て」というオープンさが特徴。清潔感と優しさにあふれ、障がい者や高齢者を気遣い多目的トイレも備え付けている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。