最新!  『とくたま』発売 JA全農たまご(新製品-2017.08.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年08月23日(水) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


平成25年のブロイラー種鶏導入 前年比0.9%増の521万羽

2013.02.25発行
 55社(場)のブロイラー孵卵場から集計した平成25年のブロイラー種鶏導入計画羽数は495万9100羽で前年実績比0.9%増であった。これを地域別で見ると、東日本は5.8%増、九州は1.3%増、中国四国は12.9%減の見込みとなっている。
 調査羽数を基に、25年の全国ベースの種鶏導入羽数を推計すると、24年の516万4000羽に対し、0・9%増の521万羽となる。
 25年の羽色別種鶏の導入計画は、白色羽系が前年比1.2%増、有色羽系が同9.2%減、地鶏系が同10.1%減で、種鶏全体の構成割合は白色羽系97.4%(24年97.0%)、有色羽系1.4%(同1.6%)、地鶏系1.2%(同1.3%)となっている。
 24年と25年の種鶏導入羽数を基にした、25年(1〜12月)の素ひな生産羽数見込みは7億2598万羽、前年比4・2%減となる。
 素ひなの生産は、種鶏の能力回復により大きく伸びている一方、ブロイラーの生産意欲は、配合飼料価格の高止まりや燃料価格の高騰、食鳥相場の低迷などで、ひなえ付けが抑制気味になっているため、25年のコマーシャルえ付けを前年並みの6億8154万羽と仮定すると、年間では約4444万羽の余剰で、ひな需給はやや余剰気味に推移すると見込まれる。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。