最新!  「畜産クラスター」でオフラインGP新設 ホソヤ家禽研究所(特集-2017.04.06)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年04月25日(火) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


バーコードラベルをパッケージ上部にも貼付 みやすくなったレギュラーパック(特許出願中) 栗原製作所が改良パック発売

2013.02.25発行
 鶏卵パック専門メーカーの(株)栗原製作所(栗原照次郎社長―本社・奈良県大和郡山市池沢町90−8)は、このほど改良した新しいレギュラーパック(特許出願中)を発売した。
 同社はレギュラーパック、特殊卵用フラットパック、業務用トレー、カップなど、再生ペットボトルを利用した鶏卵パックを、『Q(高品質)・C(低コスト)・D(即納)・V(多品種)』に基づいて製造してきた。レギュラーパックについては、これまでもユーザーの要望を取り入れて改良してきたが、各GPセンターの大型化とレギュラー卵の多品種化が進み、パックのピッキングミス(取り違え)がクレーム要因の1つになってきたため、より確認しやすいように、パッケージ上部にバーコードラベルを貼付できるタイプを開発するとともに、パックも見やすくし、要所要所に新型の突起部を設けて積み重ねやすくした。
 これにより、GPセンターでは、ロールインナーに積み込んだ一番下のパックのバーコードラベルが見やすくなり、取り違えの防止につながる。また近年、スーパーマーケットのセルフレジが普及しつつある中で、消費者にも見やすい場所にバーコードラベルが貼付してある点が、バイヤーからも高く評価されている。
 主な特徴は次の通り。
 (1)従来のパックに比べきれいになった=パックの透明度を上げると、GP作業上のパックのはがれが悪くなる欠点を、独自のノウハウで解決。卵がよりきれいに見えるパックに改良。
 (2)バーコードラベルをパッケージ上部にも貼付可能に(一部対象の商品のみ対応)=パッケージ上部にバーコードを貼ることで、ロールインナー最下段のラベルが見やすくなった。また、ラベルを細くすることで、積み上げた際のパックがバーコードに干渉しないように改良した。
 (3)シールを貼付する際のズレを防ぐため、コーナー部分に大きな突起部を設けたほか、パックの要所要所に新型の突起部を設けてズレを徹底的に防止。
 問い合わせは栗原製作所(電0743・56・2207、F0743・56・2217)へ。
 【パッケージ上部にバーコードラベルを貼付】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。