最新!  石野産業が『半熟ゆで卵製造装置』開発 高温蒸気で卵を加熱(新製品-2017.03.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月30日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


キユーピー、インドネシアに進出 マヨネーズ・液卵を製造

2013.01.25発行
 キユーピー(株)(三宅峰三郎社長―本社・東京都渋谷区)は去る12月26日、今年1月末にインドネシアの西ジャワ州ブカシ県で、調味料(マヨネーズ、ドレッシングなど)や液卵の製造販売を行なう「キユーピーインドネシア」(資本金約15億円)を設立すると発表した。
 同社のアジアでの事業展開は、中国、タイ、マレーシア、ベトナムに次いで5か国目。工場としては6か所目の生産拠点になる。
 インドネシアは市場経済の発展とともに、中間所得層が急激に拡大し、日本貿易振興機構の試算では、2020年にはその数が約2億人にのぼるとも予想されている。これに伴い、食の洋風化や外食産業の発展も急速に進み、卵加工食品の市場も拡大が見込まれることから、これまでキユーピーマレーシアから輸出していたマヨネーズなどの調味料の現地生産を行なうことにしたもの。
 インドネシアの鶏卵生産量は、近年は急速に拡大して年間約140万トンほど。液卵専門工場は1工場とされている。
 キユーピーインドネシアは、1月末の設立後に工場の建設に入り、2014年後半をメドに製造販売を開始する予定。
 キユーピーのアジアでの売り上げは現在、中国で約45億円、タイ、マレーシア、ベトナムの東南アジアで約32億円の計77億円。2015年度にはアジア全体で200億円の売り上げを目指す。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。