最新!  地鶏・国産鶏の普及へ 鶏改良推進中央協議会開催(ニュース-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年10月20日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


24年の鶏卵相場179円、2人にニアピン賞 もも肉563円、むね肉189円

2013.01.25発行
 平成24(2012)年の鶏卵・肉相場は、前半は前年の鳥インフルエンザや東日本大震災の影響で減少していた生産量が回復する一方、前年後半から増加した輸入物や、消費者の節約志向などから供給過剰に陥って低迷した。後半は、輸入物を中心とした在庫も減少し、秋口以降ようやく価格の回復が見られたものの、年間では鶏卵(東京・JA全農たまごM加重)は前年比17円安の179円。鶏肉(東京・日経正肉加重)はもも肉が同78円安の563円、むね肉が同75円安の189円で、もも・むね合計は752円にとどまった。
 本紙では毎年、1月5日付の新年特集号で、業界の有識者の方々に、その年の相場を予想していただいている。
 15人に占っていただいた24年の鶏卵相場では、(株)大石商店の大石正社長と、ジャパンエッグ(株)の川端一彰営業部長の178円が最も近く、ニアピン賞を贈呈します。
 9人に占っていただいた鶏肉相場については、最も近い人で、もも肉は実績から12円、むね肉は同31円の差があったため、ピタリ賞やニアピン賞の該当者はなしとさせていただいた。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。