最新!  卵アレルギー発症予防で提言 医師の管理下で生後6か月から微量ずつ食べさせる 日本小児アレルギー学会(トップ記事-2017.06.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年06月29日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


秋晴れの下『たまごフェスタ』 都卵協が卵の消費拡大をPR

2012.11.15発行
 (社)東京都卵業協会(山田昇会長)は11月4日、いいたまごの日に合わせてチャリティーイベント『たまごフェスタ』を東京都墨田区の東京スカイツリータウン・ソラマチハナミ坂広場で開き、卵のチャリティー販売やタマリエ検定などを通じて、卵の正しい知識の普及や消費拡大を積極的にPRした。
 イベント会場には、会員らが午前9時に集まって設営の準備を進め、午前10時に山田昇会長((株)山七食品)が開始を宣言。
 チャリティー販売では、都卵協特製のモウルドパック卵と、卵のレシピや栄養価を紹介した「くらしの中のたまごシリーズ」の小冊子を、100円以上の募金をした人にプレゼントした。
 タマリエ検定では“入門編”のブロンズランクの一ツ星検定を実施し、全問正解者には全国たまご商業協同組合(飯塚信夫理事長)のたまご券と特製パック卵、一ツ星タマリエ認定証を進呈。全問正解して笑顔をみせる消費者の姿があちこちでみられたが、不正解の人にも正解を伝えて、タマリエチャレンジカードと特製パック卵をプレゼントした。検定を受けた人には、性別と年齢層、卵を食べる頻度、家庭で食べる卵料理、購入の際に重視する点などを尋ねるアンケートも実施した。
 会場は、東京スカイツリー駅を出てすぐの場所にあるため、電車が止まるごとに、大勢の消費者が来場。“ことちゃん”が愛称の猫のゆるキャラ「向嶋言問姐さん」も登場して会場を盛り上げ、用意した2000パック、約2万個の卵は、約2時間半で完売した。
 久松一弘実行委員長(消費促進調査部長、(株)ヤマナシヤ)ら会員一同は、揃いのハッピを着て、賑々しく呼び込みの声を掛け、いいたまごの日の普及拡大をアピールしていた。
 イベントの収益はすべて墨田区役所を通じて、東日本大震災の被災地に寄付する。
【秋晴れの下、揃いのハッピで卵の消費拡大を懸命にアピールした】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。