最新!  「畜産クラスター」でオフラインGP新設 ホソヤ家禽研究所(特集-2017.04.06)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年04月29日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


米国の穀物需給さらに下方修正 トウモロコシ、大豆とも USDA

2012.09.25発行
 米農務省(USDA)は9月12日、月例の穀物需給報告を発表した。記録的な干ばつに直面している2012/13年度の米国のトウモロコシと大豆は生産量、単収を前月に続いて下方修正し、トウモロコシは6年ぶり、大豆は9年ぶりの低水準になるとの見通しを示した。
 トウモロコシの作付面積は9640万エーカー、収穫面積は8740万エーカーで、前月の予測を据え置いた。
 単収は0.5%(0.6ブッシェル)下方修正して122.8ブッシェルとし、生産量は0.5%(5200万ブッシェル)下方修正して107億2700万ブッシェルになると予測。
 需要量は飼料用を1.8%(7500万ブッシェル)上方修正したものの、輸出用を3.8%(5000万ブッシェル)下方修正。期末在庫は12.8%(8300万ブッシェル)上方修正して7億3300万ブッシェルになると予測。期末在庫率は6.5%で前月から0.7ポイント上昇した。
 1ブッシェル当たりの生産者平均販売価格は、前月から下値、上値を0.3j引き下げ、7.20〜8.60ドルと予測した。
 大豆の作付面積は7610万エーカー、収穫面積は7460万エーカーで前月の予測を据え置いた。
 単収は2.2%(0.8ブッシェル)下方修正して35.3ブッシェルとし、生産量は2.2%(5800万ブッシェル)下方修正して26億3400万ブッシェルになると予測。
 需要量は搾油用を1.0%(1500万ブッシェル)、輸出用を5.0%(5500万ブッシェル)下方修正。期末在庫は前月の1億1500万ブッシェルを据え置き、期末在庫率は4.3%で前月から0.1ポイント上昇した。
 1ブッシェル当たりの生産者平均販売価格は、前月の15.00〜17.00ドルを据え置いた。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。