最新!  『とくたま』発売 JA全農たまご(新製品-2017.08.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年08月18日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


鶏卵相場ようやく上昇 成鶏更新・空舎延長事業の発動停止

2012.09.05発行
 低迷していた鶏卵相場がようやく動き出した。7月から8月にかけての全国的な猛暑により、産卵率や個卵重の低下からサイズ間調整が進み、相場は大玉高、小玉安で推移したが、Mサイズは1か月近く動きがなく、8月後半に入ってようやく上昇し、東京は23日に3円、28日に5円値上がりして163円、大阪は22日に5円、29日には3円値上がりして163円をつけた。
 5月21日に発動した(社)日本養鶏協会の鶏卵生産者経営安定対策事業の『成鶏更新・空舎延長事業』は、8月22日に標準取引価格が安定基準価格(158円)を上回る160円となったため、21日付で発動を停止した。
 この事業は、参加を表明した生産者が、発動期間内に鶏舎から成鶏を出荷し、ひなを再導入するまでに60日以上の空舎期間を設けると、成鶏飼養規模が10万羽未満の生産者には1羽200円、10万羽以上の生産者には1羽150円の淘汰奨励金が交付されるほか、成鶏を処理した食鳥処理場にも、処理羽数1羽当たり17.4円の協力金が国庫から交付されるもの。
 8月24日現在の参加者は、10万羽以上が84戸・125鶏舎・279万3000羽、10万羽未満が80戸・114鶏舎・62万4000羽の計341万7000羽で、参加通知書での報告羽数を合わせると約390万羽になるとみられている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。