最新!  鳥インフル対策のさらなる徹底を!(トップ記事-2017.07.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年07月29日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


「大地の穣」でエコフィード利用畜産物の認証を取得 JA全農たまご

2012.09.05発行
 JA全農たまご(株)(福田雅之社長―本社・東京都新宿区中落合2−7−1)は7月4日、食品未利用資源を原料としたエコフィードを鶏に給与して生産したパック卵「大地の穣」が、(社)中央畜産会からエコフィード利用畜産物の認証を取得した。鶏卵での認証取得は3例目。
 JA全農たまごは、平成23年から関東を中心に店舗展開する大手スーパー、(株)いなげや(遠藤正敏社長―本社・東京都立川市栄町6−1−1)との取り組みで、エコフィードを活用したPB(プライベート・ブランド)商品のパック卵「大地の穣」を販売し、消費者から好評を得てきた。
 鶏に給与するエコフィードは、菓子くずや国産大豆かす、国産脱脂米ぬかなどを使用して、JA東日本くみあい飼料(期アブ)鹿島工場で生産しており、(社)日本科学飼料協会からエコフィードの認証を取得している(22認証25〜28号、36号)。鶏卵の生産はトマルグループが行なう。
 9月上旬からは、パッケージにエコフィード利用畜産物の認証マークを添付した「大地の穣」を販売する予定で、エコフィードを使った鶏卵の認知度の向上を図るとともに、農業への理解促進につながるPR活動を行ない、食料自給率の向上に努める。
 【エコフィード利用畜産物の認証を取得し、パッケージに認証マークを添付した「大地の穣」】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。