最新!  「TPP11協定」大筋合意 鶏卵・鶏肉の関税撤廃 12か国TPPの範囲内(トップ記事-2017.11.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年11月25日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


7〜9月期配飼価 大豆かす高で値上げ 飼料基金から450円補てん

2012.06.25発行
 全農や主要配合飼料メーカー11社(団体)は6月15日、7〜9月期の配合飼料価格を2期連続で値上げすると発表した。南米での減産見通しや米国での作付面積の減少などで、大豆かす価格が大幅に値上がりしたたためで、全農の値上げ幅は全国全畜種総平均でトン当たり約900円、商系8社は1000円〜1090円、日鶏連は840円、全酪連は900円。11社(団体)の加重総平均では950円程度(本紙試算推定)の値上げになるとみられるが、飼料基金から450円程度の補てんが見込まれるため、生産者の実質負担増は500円前後となる。
 トウモロコシ価格やフレートについては、一時高値をつけたが、米国の作付面積の増加による豊作予想や、船腹需要の緩和で軟調に展示、今回の配合飼料価格の値上げ要因にはならなかったものの、各社とも「今後は底堅く推移する」とみている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。