最新!  現代によみがえる『卵百珍』 国立情報学研究所と国文学研究資料館がレシピを順次公開中(特集-2017.08.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年09月26日(火) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


中国、台湾でAI発生が続く

2012.06.15発行
 日本では今年、高病原性鳥インフルエンザ(AI)は発生していないが、東南アジアや中国、台湾で発生が続いている。
 農林水産省では、渡り鳥のルートからみて、台湾経由でのAIウイルス侵入の可能性は低いものの、中国経由でのウイルス侵入リスクは高いとみており、都道府県や関係団体を通じ、引き続き生産現場での飼養衛生管理基準の順守、空・海港における動物検疫の徹底、渡航者・入国者への情報提供と注意喚起の徹底を求めている。
 中国政府がOIE(国際獣疫事務局)へ報告した内容によると、今年に入って3月に雲南省、4月に寧夏回族自治区と遼寧省、6月に甘粛省でAI(H5N1)の発生が確認されている。
 また、台湾では昨年からH5N2の高病原性と低病原性のAI発生が継続している。
 このほか、3月から5月にかけて、ベトナム、ミャンマー、ネパール、バングラデシュ、ブータン、インド、香港などでAIの発生が報告されている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。