最新!  共和機械 パック卵包装で新製品 パック詰め装置とパック自動箱詰め機 自動化と省力化を実現(新製品-2017.05.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年05月24日(水) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


国際養鶏養豚総合展2012 6月6〜8日、ポートメッセなごや

2012.05.25発行
 「国際養鶏養豚総合展(IPPS JAPAN2012)」が6月6日から8日まで、名古屋市国際展示場(ポートメッセなごや)で開催される。最先端の施設・機器・資材の出展や、今回が初めてとなる鶏卵・鶏肉・豚肉の展示・試食・販売コーナーも設けられる。

 6月6日から8日まで名古屋市国際展示場(ポートメッセなごや)で開催される「国際養鶏養豚総合展」は3年ぶり。運営協議会(運営協議会会長=中嶋君忠(株)中嶋製作所社長、事務局・(社)中央畜産会内)によると、最先端の施設・機器・資材などの展示は124社(団体)、消費者向けに鶏卵・鶏肉・豚肉を展示・試食・販売するフードコーナーには34社(団体)が出展。3日間で延べ2万5000人の来場者を見込んでいる。
 養鶏関係の展示では、コストダウンや合理化を促進し、安全・安心な鶏卵・鶏肉を生産するための国内外の最先端施設・機器・資材のほか、EUで進んでいるアニマルウェルフェアや、エネルギー不足に対応した施設なども紹介される。
 展示会場のほぼ中央に設けられるフードコーナーでは、出展各社の自慢の鶏卵、鶏肉、豚肉が試食・販売されるほか、東日本大震災や原発事故の被災地からも出展し、懸命に復興に取り組み、安全・安心な鶏卵、鶏肉、豚肉を生産している実情が紹介される。また、(社)日本卵業協会はタマリエ検定、日本シュリンク包装卵協会はオムレツの日(6月2日)などもPRする。
 期間中は、展示場の交流センターで特別講演会や各社のプレゼンテーションも行なわれる。
 名古屋市国際展示場(ポートメッセなごや)は、名古屋駅から名古屋臨海高速鉄道・あおなみ線で約24分の「金城ふ頭駅」下車、徒歩5分。自動車では、伊勢湾岸自動車道・名港中央ICからすぐ。入場料は1人300円(3日間有効)。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。