最新!  存続の危機≠フウズラ産業 減少続ける養鶉農家 上昇するコストの転嫁が課題(特集-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年10月20日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


早期通報の徹底などを指示 全国家畜衛生主任者会議

2012.04.25発行
 農林水産省消費・安全局は4月17日、各県の家畜衛生担当者を集めた全国家畜衛生主任者会議を開き、家畜伝染病の防疫体制と衛生対策の徹底を指示した。
 高橋博消費・安全局長は、日本の周辺国では高病原性鳥インフルエンザや口蹄疫がいまだに発生しているため、今後も国と関係機関、都道府県、市町村が十分な連携を取って対処するとともに、飼料も含めた飼養管理や安全な畜産物の提供に努めてほしいとした。
 動物衛生課は、(1)生産者の飼養衛生管理基準の順守(2)早期発見・早期通報の徹底(3)迅速な初動防疫――への取り組みと、動物検疫所での水際検疫、近隣諸国間との連携、24年度予算の内容などを説明した。
 畜水産安全管理課は、(1)安全な畜産物生産への指導(2)リスク管理措置が機能しているかの点検(3)着実な事業計画の実施――などのほか、動物薬を含む生産資材の安全確保対策について説明した。
 動物医薬品検査所、動物検疫所、動物衛生研究所、消費安全技術センターなども、それぞれの取り組み状況と今年度の方針を明らかにした。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。