最新!  ハイテムが性能アップした新トンネル換気『Pプラス』開発 冬期3ゾーンコントロールに静圧制御をシステム化(新製品-2017.05.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年07月28日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


EUがタイ産鶏肉輸入解禁へ

2012.04.25発行
 (独)農畜産業振興機構の海外情報や複数の海外養鶏メディアによると、欧州連合(EU)はタイ産鶏肉の輸入禁止措置を7月1日付で解除する見通しとなった。輸入解禁が実現すれば8年ぶり。
 EUは、タイ国内で鳥インフルエンザ(AI)が発生した2004年以降、タイ産鶏肉の輸入を禁止していたが、一昨年12月に、タイ政府から輸入解禁要請を受け、欧州委員会が昨年3月に安全性などの最終評価を実施。同委員会が「タイの衛生当局は防疫管理体制を厳格化して、国内のH5N1型ウイルスを撲滅した。EUの安全基準を十分守れる」と評価した。EU加盟国も4月3日、同委員会がまとめた「タイ産鶏肉の輸入解禁」を支持したため、輸入が解禁される見通しとなったもの。
 EUのAI発生前のタイ産鶏肉輸入量は、ドイツ、オランダ、英国などを中心に02年が8万トン、03年が10万トン。解禁となれば、今年は5万トン程度が輸入される見込み。
 日本も04年に、タイ産鶏肉の輸入を禁止しているため、EUの輸入解禁後は、タイからの輸入解禁への圧力が強まるものとみられる。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。