最新!  日本の総人口、6年連続で減少(ニュース-2017.04.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年04月26日(水) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


23年度は8か月間の補てん 補てん金総額は約129億円に 鶏卵生産者経営安定対策事業

2012.04.15発行
 (社)日本養鶏協会は4月2日、鶏卵生産者経営安定対策事業の3月の標準取引価格が165円98銭で、補てんは183円の基準価格と標準取引価格との差の9割に当たる15.318円になったと発表した。平成23年度は卵価格の低迷により、補てん月は8か月に及んだ。

 平成23年度の卵価は、東日本大震災の影響で一時高騰したものの、その後は輸入卵の増加などで低迷し、補てんは6月0.954円、7月14.229円、8月15.732円、9月と10月が4.536円、24年1月24.3円、2月4.104円、3月15.318円の8か月に及んだ。
 補てん単価の累計は83.709円で、23年度の補てん金総額は約129億円、うち国の補助分は約32億3000万円になったと推測される。ただ、23年度の鶏卵生産者経営安定対策事業に対する国の予算額は51億8900万円で、約19億6000万円が使われずに国庫に残ることになる。
 24年度は、補てん基準価格が185円、成鶏更新・空舎延長事業の安定基準価格が158円へ、それぞれ2円ずつ引き上げられた。今後は、1月を成鶏更新・空舎延長事業の発動対象外月とし、1月の標準取引価格が安定基準価格を下回った場合も、補てん基準価格と安定基準価格の差額の9割しか補てんしない現行制度の改正が焦点になるとみられる。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。