最新!  韓国の養鶏産業と処理場(特集-2016.08.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月28日(火) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


静岡県「フジ小軍鶏」お披露目 丸どり料理に適し、味も良し

2012.04.05発行
 小ぶりな地鶏を丸ごと食べて――。静岡県畜産技術研究所中小家畜研究センターが開発し、昨年末から本格的な生産・販売が始まった小型地鶏「フジ小軍鶏(こしゃも)」のお披露目会が3月21日、静岡市内のレストランで開かれた。
 同センターや県の畜産課、生産者、流通業者などで構成する「フジ小軍鶏普及推進研究会」が主催し、外食、小売、報道関係者を招いて、高品質な肉質と味の良さを伝えた。
 同研究会の杉山源吾会長は「フジ小軍鶏は小型の肉用地鶏で、1羽丸ごと料理してもちょうど良いサイズ。静岡県の特産品として普及させるため、生産者と流通業者、飲食関係者、行政がしっかりと連携し、6次産業化にも結びつくようなブランドとして育てたい」などとあいさつし、中小家畜研究センターの松井繁幸主任研究員が、セールスポイントを分かりやすく紹介。
 開発の経緯については「昨今は食の多様性から、目新しい食材やメニューへのニーズが高まっている。鶏肉では韓国料理の参鶏湯(サムゲタン)や、丸どりで作ったローストチキンが人気だが、1羽を丸ごと調理するには、これまでの地鶏やブロイラーでは大きすぎて扱いにくく、少人数では食べきれないという問題点もあった。
 市場には小さい肉用鶏も出回っているが、あくまで飼育途中の『若過ぎる鶏』であり、肉質はあまり良くない。そこで当センターは、肉質に優れて、丸どり料理に適した鶏の開発に取り組んだ」などと振り返った。
 フジ小軍鶏のむね肉の薫製、もも肉のテリーヌ、丸どりを1羽丸ごと使ったローストチキンとポトフなどを試食したが、やはり注目を集めたのは丸どりのローストチキンで、参加者全員が身を乗り出してサイズ感をチェック、弾力感のある肉質にも関心が集まっていた。
 フジ小軍鶏は、体重1キログラムほどの観賞用品種「遠州小軍鶏」の雄と、ロードアイランドレッドの雌を交配させた品種で、原種鶏と種鶏の維持、種卵の生産は中小家畜研究センターが担い、とりっこ倶楽部ホシノ(島田市)が種卵をふ化、初生ひなを生産者に提供している。
 100日以上飼養してから出荷しており、年間出荷羽数は1500羽程度。最大の特長はサイズの小ささで、一般的なブロイラーの体重約3キログラムに対し、フジ小軍鶏は半分ほどの1.5キログラム。肉質はシャモ特有の歯応えを持ち、うま味成分のイノシン酸はブロイラーの1.2倍含まれるという。
 毎月100羽ほどのひなを導入している(株)青木養鶏場(富士宮市)の青木善明社長は「参鶏湯をはじめ、1羽を丸ごと使うスープにはもってこいの地鶏だ。取引先のレストランでは1羽を2つに切り分けた『2つ割り』の状態で調理しているようで、いろいろな食べ方を楽しめる食材でもある。現在は1羽2000円ほどで販売しているが、売り先が確保できて生産羽数が増えるにつれて、価格は抑えられるだろう」などと話していた。
 【丸どりで作ったローストチキンは2〜3人で食べきれるサイズ(左)。切り分けたローストチキンは小さいのに歯ごたえは十分(右)】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。