最新!  29年4〜6月期1700円補てん 配合飼料3基金(ニュース-2017.08.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年08月17日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


4〜6月期の配合飼料価格値上げ 全農900円、商系1220〜1300円

2012.03.25発行
 全農や主要配合飼料メーカー11社(団体)は3月16日、4〜6月期の配合飼料価格を値上げすると発表した。南米の高温乾燥への懸念などで、主原料のトウモロコシや大豆かす価格が値上がりしたほか、為替が円安傾向で推移したためで、全農の値上げ幅は、全国全畜種総平均でトン当たり約900円。商系8社は1220円〜1300円、日鶏連は1290円で、11社(団体)の加重総平均では1100円程度(本紙試算推定)の値上げになるとみられる。

 配合飼料価格の値上げは3期ぶり。飼料価格は値上げ、値下げを繰り返しているが、再値上がり前の平成22年10〜12月期に比べると、約4950円高いままとなっている。飼料基金からの補てんは、4〜6月期はないため、鶏卵、食鳥相場が低迷している中で、生産者の負担は大きくなる。
 全農が発表した飼料情勢の要旨は次の通り。
 ▽飼料穀物=トウモロコシのシカゴ定期は、一時6ドル/ブッシェル前後まで下落したものの、南米の生産量見通しが下方修正されたことから上昇し、現在は6ドル台後半で推移している。今後は米国の期末在庫率が低水準にあることに加え、輸出需要が増加傾向にあるため、シカゴ定期は堅調に推移すると見込まれる。
 ▽大豆かす=大豆かすのシカゴ定期は、12月中旬には310ドル/トン前後で推移していたが、現在は400ドル前後で推移しており、国内産大豆かす価格も値上がりが見込まれる。
 ▽海上運賃=米国ガルフ・日本間のパナマックス型海上運賃は、12月中旬の60ドル/トン前後から、現在は50ドルを下回っているものの、今後は南米産新穀大豆の中国向け輸送が最盛期を迎えることから、堅調に推移すると見込まれる。
 ▽外国為替=現在は円安となり、1ドル=83円前後で推移しているが、日米の景気の先行きに不透明感があることから、今後は一進一退の相場展開が見込まれる。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。