最新!  ハイテムが性能アップした新トンネル換気『Pプラス』開発 冬期3ゾーンコントロールに静圧制御をシステム化(新製品-2017.05.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年06月24日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


平成23年のひなえ付け 採卵用めす2.4%減 ブロイラー用は2.6%減

2012.02.15発行
 (社)日本種鶏孵卵協会(山本満祥会長)は1月31日、平成23年12月分の鶏ひなふ化羽数調査結果(速報値、レイヤー33場、ブロイラー75場が回答)を公表した。
 12月の採卵用めすの出荷羽数(え付け羽数も同じ)は前年同月に比べ3.7%減の769万3000羽、ブロイラー用ひなは0.2%増の5749万9000羽。これを基に試算した採卵用めすの全国推計出荷羽数は816万4000羽、ブロイラー用ひなは5969万羽。
 国内の原種鶏場で生産された種鶏の出荷羽数は、採卵用は41.8%減の7万1000羽、ブロイラー用は1.4%増の5801万羽。
 これらを基に試算した、平成23年(1〜12月)の全国推定出荷羽数は、採卵用めすは前年に比べ2.4%減の9941万7000羽で1億羽を割り込んだ。ブロイラー用は2.6%減の6億6461万1000羽であった。
 種鶏の出荷羽数は、採卵用は前年に比べ15.6%減の101万4000羽、ブロイラー用は1.4%増の572万1000羽であった。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。