最新!  新たに飼料添加物に認められたバチルス・サブチルスJA−ZA株 (新製品-2017.04.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年04月27日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


鶏舎用地などの税制改正で要望 JEPAと養鶏協会

2011.12.05発行
 (般)日本鶏卵生産者協会と(社)日本養鶏協会は11月22日、平成24年度税制改正に関する要望を政府・与党に行なった。
 両会では、鶏卵産業は配合飼料価格や生産資材の内外価格差、各種規制に伴う生産効率の低水準などから、激しいコスト競争に巻き込まれ、さらに最近ではTPP(環太平洋経済連携協定)をはじめとするグローバル化を求められるなかで、鶏卵価格は昭和20年代以下の水準で推移し、極めて厳しい実態にある――との認識を示し、2点の税制改正を要望している。
 (1)養鶏における鶏舎用地の固定資産税については、宅地並みではなく、他の農業と同様に農地とされたい。
 【理由】養鶏を営む畜産業においては現在、畜舎(鶏舎)用地は農地ではなく宅地扱いの実態にある。このため、土地税(固定資産税)については宅地並みの課税となっており、養鶏経営における高コスト体質要因の1つとなっているため、早急にこの是正をお願いしたい。
 (2)鶏舎(畜舎)については、建築基準法が適用されるため高い資産評価額となっており、この早急な是正が必要である。
 【理由】鶏舎(畜舎)については、建築基準法が適用されるため、資産評価額として極めて大きなものになり、不動産評価に伴う固定資産税も過大となって、大きな経営負担となっている。さらに養鶏生産者は、高病原性鳥インフルエンザ防疫のため、国が推進する鶏舎の重装備化のため、さらなる投資が必要になっており、鶏卵の安定供給を期すための努力が新たな増税となることに矛盾がある。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。