最新!  ハイテムが性能アップした新トンネル換気『Pプラス』開発 冬期3ゾーンコントロールに静圧制御をシステム化(新製品-2017.05.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年05月27日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


需給のひっ迫感後退 米国産トウモロコシ

2011.10.25発行
 米農務省(USDA)は10月12日、10月の世界農産物需給予測月報を公表した。この中でトウモロコシの期首在庫(今年9月1日時点の在庫量、米国の穀物年度は9〜8月)は、最新の四半期調査を基に大幅に上方修正し、11億2800万ブッシェル(前年度比33.9%増)となった。
 一方、今年の生産量は前月予想を6400万ブッシェル下回る124億3300万ブッシェル(同0.1%減)となった。収穫面積が前月予想を50万エーカー下回ったことなどによる。
 国内消費量は前月と同じ111億1000万ブッシェル(同0.1%減)に据え置いたが、輸出量はウクライナなどの穀物生産が豊作となっているため、米国産トウモロコシの輸出量が減るとして、前月予想を5000万ブッシェル下方修正し16億ブッシェルとした。
 期末在庫(来年8月末)は、期首在庫の大幅な引き上げを反映して、前月予想を1億9400万ブッシェル上方修正し8億6600万ブッシェルとなり、期末在庫率は前月の5.3%から6.8%に改善された。
 生産者の平均販売価格は上値、下値を前月より30セントずつ引き下げ、6.20〜7.20ドル/ブッシェルになると予想した。
 シカゴ先物相場(期近物)は、この発表翌日の10月13日は6ドル38セント前後での推移となった。
 大豆の生産量は、予想単収と収穫量を下方修正したため、前月を2500万ブッシェル下回る30億6000万ブッシェル(前年度比8.1%減)となった。
 国内消費量は、搾油向けは前月予想を据え置いたが、輸出は南米産の輸出が増えるとして4000万ブッシェル下方修正した。
 期末在庫は前月予想を500万ブッシェル下回る1億6000万ブッシェル(同25.6%減)、期末在庫率は前月を0.1ポイント下回る5.1%に下方修正した。
 生産者の平均販売価格は上値、下値を前月より五〇kずつ引き下げ、12.15〜14.15ドル/ブッシェルで推移するとした。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。