最新!  鶏鳴新聞2000号までの養鶏業界の主な動き(特集-2017.07.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年08月19日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


法制化と国庫補助増額を 24年度予算で農水省に要請 養鶏協会と鶏卵生産者協会

2011.09.25発行
 (社)日本養鶏協会(竹下正幸会長)と(般)日本鶏卵生産者協会(緒方忠浩会長)は9月15日、平成24年度の養鶏関係施策と予算について農林水産省に要請した。
 両団体は、鶏卵産業が他の農業・畜産(肉用牛や養豚)並みの支援が受けられるように、(1)23年度から新規事業として始まった「鶏卵生産者経営安定対策事業」(52億円)は、一般会計予算で対応されているものの、畜産行政の制度的(法律的)な裏付けがないため早急に確立すること(2)「鶏卵生産者経営安定対策事業」の補助額は他の家畜に比べて低く、少なくとも「養豚経営安定対策事業」並みの100億円に引き上げるとともに、国の補助率を現在の4分の1から養豚並みの2分の1に引き上げ、畜種間の格差を解消すること――などを求めた。
 両団体では、今後の政策課題として、養鶏安定制度の充実(現在の「価格差補てん」と「成鶏更新・空舎延長」による『鶏卵生産者経営安定対策事業』の内容がこのままでよいのか)や、鳥インフルエンザ対策の補償の充実・条件付きワクチン利用、TPPやFTAによる関税と輸入卵対策、生産資材の内外価格差是正、アニマルウェルフェア問題などを検討していくことにしている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。