最新!  鶏肉に『加熱用』表示求める カンピロバクター食中毒対策で 厚労省と消費者庁(トップ記事-2017.04.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年04月28日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


採卵鶏の飼養戸数、羽数とも減少 成鶏めすは約1億3700万羽 平成23年2月1日現在

2011.08.25発行
 平成23年2月1日現在の、種鶏のみの飼養者を除いた採卵鶏(ひな、成鶏)の飼養戸数は、前回(平成21年)に比べて180戸(5.8%)減の2930戸、飼養羽数は同229万1000羽(1.3%)減の1億7591万7000羽となった。成鶏めすの飼養羽数規模別戸数はすべての階層で減少し、羽数も1000〜4999羽層以外で減少したが、大規模層の羽数割合は高くなり、10万羽以上層のシェアは戸数で12.5%(前回12.4%)、羽数で65.7%(同65.2%)となった。

 農林水産省が8月4日に公表した、平成23年2月1日現在の畜産統計によると、全国の採卵鶏1000羽以上を飼養する戸数(種鶏のみの飼養者を除く)は2930戸で、前回(平成22年の統計は、世界農林業センサス実施年で、採卵鶏と豚の調査は休止となったたため、21年2月1日現在との比較になる)に比べて180戸(5.8%)減少した。飼養者の高齢化などによるとみられる。
 飼養羽数は1億7591万7000羽で、229万1000羽(1.3%)減少した。このうち、ひな(6か月未満)は3856万5000羽で、26万7000羽(0.7%)増となったが、成鶏めす(6か月以上)は1億3735万2000羽で、255万8000羽(1.8%)減となった。
 この結果、1戸当たり成鶏めす飼養羽数は4万6900羽となり、前回に比べ1900羽(1.9%)増加した。
 地域別にみると、飼養戸数は前回に比べ、すべての地域で減少した。成鶏めす飼養羽数は、東北、関東・東山、沖縄で増加し、その他の地域は減少した。地域別の飼養羽数割合は、関東・東山が24.8%で最も多く、次いで東海14.3%、東北14.1%、九州13.6%、中国11.5%、四国5.9%、北陸5.6%、近畿5.5%、北海道3.9%、沖縄0.9%となり、東北、関東・東山、東海で全国の5割以上を占めている。
 県別では、飼養戸数は青森、茨城、東京、高知、熊本で増加し、成鶏めす羽数は宮城、秋田、福島、茨城、群馬、千葉、福井、三重、兵庫、佐賀、長崎、熊本、鹿児島、沖縄の14県で増加した。

規模別の戸数、羽数とも減少

 種鶏やひなのみ、学校、試験場などの非営利的な飼養者を除いた成鶏めすの飼養戸数は2680戸で、150戸(5.3%)減、飼養羽数は1億3718万7000羽で、240万1000羽(1.7%)減少した。
 これを規模別にみると、飼養戸数はすべての階層で減少したが、成鶏めす羽数は、1000〜4999羽で増加し、その他の階層では前年並みか、減少となった。
 規模別の羽数割合は、1000〜4999羽が全体の1.3%、5000〜9999羽が2.3%、1万〜4万9999羽が16.5%、5万〜9万9999羽が14.2%、10万羽以上が65.7%となっており、5万羽以上層のシェアが高くなっている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。