最新!  主要産地の出荷計画は1.0%増 平成29年度ブロイラー(ニュース-2017.03.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月30日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


種鶏戸数、羽数は増加

2011.07.05発行
 平成22年2月1日現在の種鶏業者数は578戸で前年に比べ47戸増加し、種鶏羽数は1842万1115羽で142万6569羽増加した。
 このうち卵用種鶏のみ飼養は170戸(前年比1戸減)、種鶏羽数は404万9505羽(76万461羽減)。肉用種鶏のみ飼養は386戸(46戸増)、種鶏羽数は1391万2753羽(218万1063羽増)、卵肉両方の種鶏飼養は22戸(同2戸増)、種鶏羽数は45万8897羽(5967羽増)であった。
 種卵生産数と用途別処理量は、ふ化用が6億3296万5443個(1億0069万4798個増)、食用が2160万3989個(70万7114個減)、ワクチン製造が5461万9673個(84万5726個増)、廃棄・その他が247万4910個(315万4468個減)であった。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。