最新!  鶏肉に『加熱用』表示求める カンピロバクター食中毒対策で 厚労省と消費者庁(トップ記事-2017.04.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年04月27日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


にいがた地鶏のさらなる普及へ にいがた地鶏生産普及研究会

2011.04.15発行
 にいがた地鶏生産普及研究会(新潟県新発田市舟入1047―事務局・(株)シバタポートリーセンター内)は、平成16年3月にデビューした「にいがた地鶏」のおいしさをもっと知ってもらうため、さまざまなイベントに参加して、PR活動を続けている。
 にいがた地鶏は、昭和14年に国の天然記念物に指定された同県産の長鳴鶏「蜀鶏(とうまる)」の雄と、名古屋種の雌を掛け合わせた交雑種(雄)に、横班プリマスロック(雌)を交配して作出した地鶏。うま味成分のイノシン酸やグルタミン酸などの分析と、食味試験を繰り返し行なった結果、最も評価の高かった組み合わせを選んだ。
 鶏肉本来のおいしさと、しっかりとした歯ごたえが特長のにいがた地鶏は、ガラスープと正肉で作る水炊き、地鶏鍋、新潟産コシヒカリを使った鳥雑炊で食べるのがオススメとのこと。
 同研究会では、「にいがた地鶏のおいしい料理レシピ」として「鶏めし」「地鶏どて焼鍋」「にいがた地鶏の朴葉包み蒸し」なども紹介している。
 現在の年間生産羽数は、あえて大量生産は追求せず、約5000羽。飼育日数は雄が90日、雌が110日以上と長く、28日齢以降は1平方メートル当たり10羽以下のゆったりとした環境で平飼いしている。生産農場は徹底した衛生管理を行ない、(社)新潟県畜産協会の「畜産安心ブランド生産農場」として認定。飼料には新潟産コシヒカリ(未熟米など)も活用し、1羽1羽を手作りの“作品”として、大切に育てていくという。
 【にいがた地鶏(左)と地鶏鍋】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。