最新!  ペレタイザー「粒造くん」をタイの8県に納入へ 垣内(新製品-2017.03.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月23日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


千葉県でも鳥インフルエンザ確認 採卵鶏と肉用鶏農場

2011.03.25発行
 高病原性鳥インフルエンザ(AI)の鶏への感染は、3月に千葉市若葉区の採卵鶏と肉用鶏の2か所でも確認された。今冬(昨年11月から)は9県、24農場で、約185万羽が殺処分されたことになる。
 3月13日に千葉市若葉区の採卵鶏農場(約3万5000羽)でAIの感染が確認され、半径10キロメートルの移動制限区域内の27農場で感染確認検査が実施された。16日には区域内の千葉市若葉区の肉用鶏農場(約6万2000羽)で2例目が確認されたもの。移動制限区域内の農場からの卵の出荷は、防疫指針の条件を満たした農場から順次制限が解除されているが、鶏の移動は制限されている。区域内にある4か所のGPセンターは、安全が確認された13日昼までに稼働を再開した。
 今冬の発生事例のうち3月22日現在で移動制限が解除されていないのは、三重県の2例目(度会郡南伊勢町)、奈良県五條市、宮崎県の13例目(東臼杵郡門川町)と、今回の千葉市若葉区(2例)で、合計5例となっている。
 AIの感染経路がはっきりしない中で、渡り鳥は北へ帰りつつあるが、多くの水鳥や野鳥などからAIウイルスが確認されているため、『鶏』がいつ、どこで感染してもおかしくない状態が依然として続いている。環境省の発表では、15日に青森県三沢市の米軍基地内で回収したハヤブサからH5N1亜型ウイルスが検出されている。
 AIウイルスの農場・鶏舎への侵入防止のために、(1)人や車両、野鳥や野生動物、飲用水や飼料汚染からの遮断(2)鶏舎内外の整理・整頓・清掃を行なってネズミや野鳥の繁殖場所をなくす(3)飼養管理では作業衣、靴などの取り替えと消毒の徹底――などをさらに確実に実施することが重要になる。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。