最新!  平成28年の鶏卵生産量は1.6%増の256万トン(トップ記事-2017.03.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月27日(月) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


3月に鶏肉シンポ 消費者を招待 日本食鳥協会

2011.02.05発行
 (社)日本食鳥協会(芳賀仁会長)は3月3日午後1時30分から、東京都港区虎ノ門の発明会館ホールで、鶏むね肉やささみに含まれる抗疲労物質“イミダペプチド”に焦点を当てた「食と健康のシンポジウム」を開催する。
 第1部では、大阪市立大学大学院医学研究科疲労医学講座の根本修身教授が「疲労のメカニズムとイミダペプチドの働き」と題して基調講演する。
 第2部のパネルディスカッション「鶏肉に秘められたパワー―イミダペプチドへの期待」は、根本教授とマラソンランナーの谷川真理さん、栄養管理士で横浜FC栄養アドバイザーの河合彰子さん、日本食鳥協会の芳賀仁会長がパネリストを務め、現代人に必須の栄養素を持つ鶏肉の魅力を解き明かす。ナビゲーターはフリーアナウンサーの堤信子さん。
 同協会では270人を無料で招待する。参加希望者は氏名、性別、住所、郵便番号、連絡先電話番号を明記して、ハガキ(〒151―0053 東京都渋谷区代々木1―15―7―202、(株)アド・ハウス内 シンポジウム事務局)、FAX(03・3320・1057)、またはEメール(info@adhouseinc.co.jp)で申し込む。締め切りは2月23日(水)。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。